カットインソーレのこだわり〜ポールミッチェル〜

F5A3BE72-B7A2-48FA-90AD-40E44FFA5345

 

カットインソーレでは基本、スタイリング剤に“ポールミッチェル”の製品を使用しています。

 

それでは、何故“ポールミッチェル”を扱うのか?そこにどんなこだわりがあるのかをこの度はお伝えしようと思います。

 

まず、“ポールミッチェル”とは一体何なのかを説明致しますと、世界80カ国以上の国で販売される、ほとんどの製品にナチュラル成分(植物エキス)を配合し、且つ、様々な毛質に対応出来る製品を揃える、アメリカ発祥の世界屈指のプロフェッショナルブランドです。

 

ポールミッチェル”は美容のプロフェッショナルブランドなのですが、地球環境動植物の保護活動をはじめ、多岐にわたるチャリティー活動を行なっている他、動物愛護の精神から、創業以来、動物実験を一切行っていません
それだけでなく、地域に密着したスポーツイベントが盛んなアメリカで、ビーチバレー、サーフィン、スキー、スノーボード、ソーラーカーレースなど40を超える多彩なスポーツイベントの協賛・後援もしています。

 

更には、Food 4 Africa(南アフリカの100万人以上の子供たちは十分な食料を得られていない為、毎日ビタミン・ミネラルの豊かな食事を供給するための活動)や人権活動(国際的な人権団体(アムネスティ)とのパートナーシップにより、世界のすべての人が「世界人権宣言」や、国際法に定められた人権を享受できる世界の実現をめざす。)、災害支援(2011年の東日本大震災に対して10,000USドルの寄付金を寄せ、2005年米国にて発生したハリケーン(カトリーヌ)においては、ポールミッチェルスクールと協力して迅速に現地に入りボランティア活動を行った。)、自立支援運動(定住する場所がない低所得者を自立できるように支援する団体(CHRYSALIS)への協力。1984年にロサンゼルスからはじまった食物・衣料の配布は、現在全米へと広がっている。)、ガンに対する活動(1999年に創設された非営利団体(Pancreatic Cancer Action Network)。患者とその家族が膵癌との戦いにおいて取り組む多くの難題に、様々な角度から支援をしている。)、地雷除去活動(リチャード・ブランソン、ブラッド・ピット、そしてネルソンマンデラとともに、地球上の様々な地域で地雷除去の活動を行なっている。)など、様々な活動に積極的に関わっています。

 

この様な“ポールミッチェル”の持つこだわりが、製品にも目で見てわかるようにカテゴリ毎のマークで記載されています。(動物実験をしていないことを意味するマークやリサイクル出来る容器を使用していることを意味するマークなど)

 

カットインソーレでは、そんな“ポールミッチェル”の活動を通じて、私たちにも出来ることが無いかを考えました。そして、難しく考えるのでは無く、自分たちの出来ることはそんな活動を支援し貢献するということであるという結論に至りました。

 

私たちが“ポールミッチェル”の製品を使用し、“ポールミッチェル”のことを皆さんに知っていただくことで、その収益が様々な活動に利用され、地球規模の環境問題や人道的な問題を少しでも良く出来るのであれば、とても喜ばしいことだと思います。

 

そういった思いの中で私たちは“ポールミッチェル”の製品を選び、取り扱っています。

 

みなさんにも是非、そんな思いの詰まった製品を一度手に取ってみて頂ければ嬉しいです。